2012年中国商標10大事件(3位) /日中商標権情報センタースタッフブログ

HOME > 日中商標権情報センタースタッフブログ > 2012年中国商標10大事件(3位)

2012年中国商標10大事件(3位)

みなさん、こんにちは。

(社)日中商標権情報センターの宋です。

2012年は、中国商標に歴史にも重要な1年です。先週第1位と第2位を紹介しました。

今日、2012年中国商標の10大事件(ランキング10位)の第3位を紹介させて頂きます。

第3位

今最も人気な携帯シャット微信(中国腾讯公司作ったApp)です。

2011年1月24日、中国腾讯公司が微信の商標を申請出しましたが、

その一週間前、北京联智公司が微信の商標を同じ分類で出しました。

2012年末、中国商標法の優先登録原則で、北京联智公司が微信の商標所有権を取れました。

(その間、数十社の会社/個人が微信の商標を申請出しました。)

u=214761,2772693688&fm=11&gp=0.jpg

 

< 前へ  |  一覧へ戻る  |  次へ >

日中商標権情報センターについて

日中商標権情報センターについて

(社)日中商標権情報センターでは、中国における商標権の制度や冒認申請の実態などを情報発信し、日本企業の中華圏における商標調査、アドバイスを通して中華圏における日本企業の円滑な経済活動に寄与できるよう活動しています。

社団概要はこちら

TOPに戻る