あの宅急便も・・中国で/日中商標権情報センタースタッフブログ

あの宅急便も・・中国で

こんにちは、(社)日中商標権情報センターの服部です。

今日、事務所でクロネコ宅急便の箱につめて、荷物整理してたら昨年のことを思い出しました。

昨年、上海のある会合で、現地法人のヤマト運輸の社員の方とお話した時のことです・・

社員:「うち、ほんと困っているんです。クロネコマークのスポーツ用品が中国で出回っているんです・・・」

私:  「え?ほんとですが? 商標とってなかったのですか?」

社員:「とっているんですが、さすがにスポーツの分類では抑えてなくて・・・(>_<)」

商標は、どこの分類まで登録したほうがいいのか色々と悩むところですが、やはり、万全をとって関係するところは

抑えたほうがよさそうですね。 でもさすが、スポーツまでは予測しずらいですが・・・

 

DSC_0417.JPG

 

 

 

< 前へ  |  一覧へ戻る  |  次へ >

日中商標権情報センターについて

日中商標権情報センターについて

(社)日中商標権情報センターでは、中国における商標権の制度や冒認申請の実態などを情報発信し、日本企業の中華圏における商標調査、アドバイスを通して中華圏における日本企業の円滑な経済活動に寄与できるよう活動しています。

社団概要はこちら

TOPに戻る