中国商標には漢字を用いるのがおすすめ/日本一わかりやすい中国商標

HOME > 日本一わかりやすい中国商標 > 中国で、価値ある商標とは > 中国商標には漢字を用いるのがおすすめ

中国商標には漢字を用いるのがおすすめ

中国で商標登録をする際に、「ひらがな」や「カタカナ」、
「英語」の表記ではなく「漢字」を用いているブランドがほとんどです。

本来であれば漢字を使用しないブランド名であっても、どうして中国商標では漢字にするのか、
それはやはり中国で最も親しみがあり、中国人の心に響くのが母国語である漢字だからなのです。
中国では、漢字を使用した社会ですのでそれに従って商標をつけているという企業が多いのです。

 

漢字を使用していないブランド名の場合には、
商標登録をする際には中国語に翻訳をする必要があります。

中国人というのはその国民性から縁起を大切に考えている方がとても多いので、
漢字を当てはめたときにその漢字の意味や発音の響きなどを考えて良いイメージの名前をつける必要があります。

漢字が持っている意味も日本と中国では異なっていることもありますので、
漢字なら何でも良いというわけではなく、
中国での売り上げを考えた際には良いネーミングになるように考えていかなくてはなりません。

商標が漢字であれば中国人にとって簡単に読みやすくなりますし、
さらにそのブランド名を覚えやすくもなります。ですので、中国での商標には漢字を使用するのがおすすめなのです。

< 前へ  |  一覧へ戻る  |  次へ >

すべてのカテゴリ一覧

中国での商標権を調査する

TOPに戻る