新製品を中国商標出願するタイミング/日本一わかりやすい中国商標

HOME > 日本一わかりやすい中国商標 > 商標登録のメリット > 新製品を中国商標出願するタイミング

新製品を中国商標出願するタイミング

■展示会で発表する前に商標申請を

中国にてビジネス展開を進めていこうという場合、自社ブランドの新製品を発売する前に展示会などで発表するという機会があるかと思います。自信のある新しい商品だからこそ、大々的に発表してアピールしたくなってしまうところですが、中国商標を申請する前の段階でしたら気をつけなくてはなりません。

中国商標を申請する前に展示会などにて新製品を発表してしまって、その製品の新しいロゴやブランド名などを第三者によって先に商標申請されてしまうというトラブルも考えられるのです。

また、中国での商談会で現地のバイヤーや代理商などと進出の話をし、名刺交換しただけでその名刺に記載されている商標が抜け駆け出願されてしまったという例も、報告されています。

 

■第三者に先に商標登録されてしまったら…

もし第三者が先に商標登録をしてしまっていたとしたら、自社ブランドの新製品は今後中国でそのまま販売したりすることが出来なくなってしまいますし、ニセモノとして捉えられてしまうのです。

さらに、商標を登録している中国企業などがブランド名を使用して商品展開を広げていくというケースもあります。

 

■申請の前には商標調査が大切

商標申請をする前には、きちんと商標調査をした上で登録をする必要があり、もし何処かで発表してしまっていたあとでしたらすでに登録されてしまっている可能性も考えられますので、中国でビジネスを展開していこうと考えている場合には、まずは商標申請についての取り組みを考えていくということをお勧めいたします。

 

 

< 前へ  |  一覧へ戻る  |  次へ >

すべてのカテゴリ一覧

中国での商標権を調査する

TOPに戻る