中国商標においての先使用権/日本一わかりやすい中国商標

HOME > 日本一わかりやすい中国商標 > 中国商標とは > 中国商標においての先使用権

中国商標においての先使用権

■中国では意味の無い先使用権

中国商標法と日本の商標法は異なっている点が御座いますので、中国ビジネスを展開する際の中国商標について、日本と同じようにあてはめて考えていると失敗を招くおそれもありますので、気をつけなくてはなりません。

日本では商標の先使用権というものがありますので、中国で商標を出願する際にも、既に中国でビジネス展開をされているために日本と同じように先使用権が認められるとお考えの方もいらっしゃいますが、実は中国ではその商標が著名商標でなければ、先使用にさほど意味はありません。

 

■中国で先使用権の主張はほとんど認められない

もし中国商標において先使用権を主張したいという場合には、登録商標を持っている方が、不正に登録したことを立証して、さらに主張者が以前から使用している商標(未登録のもの)が中国国内で一定の影響力を持っているということも立証しなくてはなりません。

これらのことを立証するのはとても難しく、中国において先使用権が認められるということは、ほとんど無いと言っても良いでしょう。

先に使用しているかどうかよりも、まず先に出願登録することが重要です。先に出願をして登録されれば、それが商標として認められるという登録主義なのです。

 

< 前へ  |  一覧へ戻る  |  次へ >

すべてのカテゴリ一覧

中国での商標権を調査する

TOPに戻る