中国商標登録の保護対象のもの/日本一わかりやすい中国商標

HOME > 日本一わかりやすい中国商標 > 中国商標とは > 中国商標登録の保護対象のもの

中国商標登録の保護対象のもの

■中国で商標登録出来るものと、分け方

中国で商標登録出来るものというのは、「文字商標」、「図形商標」に加えて現在では「立体商標」、「色の組み合わせ商標」、これらの要素を組み合わせた「結合商標」というものが商標保護の対象となっております。

これらの中国商標をどのような使用対象にするのかなどによって、普通商標や、証明商標、団体商標という分け方もされております。

また、その商標の知名度によって、著名商標などにも分類されます。

たとえば、「音響」や、「匂い」、「味」、「動く商標」などにつきましては非伝統的な商標という位置づけがされており、中国商標では現在保護対象とされておりません。

 

■中国商標での日本語の文字の扱われ方

日本と中国の商標登録に関しましては相違点がたくさんありますので、その違いについても把握しておいた方が良いでしょう。

日本語のひらがなやカタカナの文字でのブランド名などを商標登録しようと思った際には、日本では文字商標とされるものなのですが、中国におきましては文字商標ではなく、図形商標として審査がされることになります。日本語だけではなく、アラビア語などの外国の文字に関しましても図形商標となります。中国商標での文字商標というのは、漢字とアルファベットだけなのです。

 

 

< 前へ  |  一覧へ戻る  |  次へ >

すべてのカテゴリ一覧

中国での商標権を調査する

TOPに戻る