中国商標には繁体字・簡体字、どちらを使えば良い?/日本一わかりやすい中国商標

HOME > 日本一わかりやすい中国商標 > 中国で、価値ある商標とは > 中国商標には繁体字・簡体字、どちらを使えば良い?

中国商標には繁体字・簡体字、どちらを使えば良い?

■中国本土では簡体漢字が使用されている

中国本土での中国商標を出願するという場合には、中国語(漢字)での商標出願も考えていくことになりますが、その際には中国本土で一般的に使用されている簡体漢字での出願がおすすめです。外国のブランドなどが中国商標出願をするという際には、ほとんどの場合で簡体漢字を使用した商標になっております。

 

■中国人に浸透させるためには

漢字には繁体字と簡体字の二種類が存在するのですが、主に台湾や香港などでは繁体漢字が使用されており、日本語で使用されているのも繁体漢字です。

しかし、中国本土では簡体漢字が使用されておりますので、一般的な中国人が繁体字を見かけたときには、違和感を覚える人もいるかもしれません。

ですので、中国でビジネスを展開していくためには一般的な中国人の消費者のことを考えていかなくてはなりませんので、早く認識してもらって知名度を高めていくというためには簡体字での商標の方が浸透しやすいと言えるのです。

 

■勝手に改変してはいけない

もし繁体字で商標登録されてしまっているという場合に、簡体字に変更して使用するということは出来ませんので注意しましょう。登録商標というのは、改変して使用することは認められません。

 

< 前へ  |  一覧へ戻る  |  次へ >

すべてのカテゴリ一覧

中国での商標権を調査する

TOPに戻る