中国商標の法律の水準/日本一わかりやすい中国商標

HOME > 日本一わかりやすい中国商標 > 法律について > 中国商標の法律の水準

中国商標の法律の水準

■先願主値

中国の法律では、商標に関しまして先に申請・登録をしたものに権利が与えられることになる登録優先制となっております。

新しいブランド名や新商品の商標を日本で商標登録をしているからといって中国で商標を持たずにそのまま使用してしまったというときには、第三者が勝手に中国商標の申請をしてしまうというケースもあるのです。

そういったことが起きてしまいますと、商標を持っている側が強くなってしまい、この先の中国でのビジネスにも多大な影響が出てしまうのです。

商品の販売やサービスの提供が出来なくなってしまいますし、もし無理やりビジネスを続けようとすると、商標を持っている相手に訴えられてしまうということも考えられます。

したがって、中国で商標をビジネスを始めるという際には真っ先に商標のことを考えなくてはなりません。早めに申請をすることによってトラブルが起きることなくビジネスを進めていくことが出来るのです。

 

商標の使用状況を参考するケースもありますが、圧倒的にさきに登録した人の権利が強くなるのが中国商標の法律の水準なのです。手遅れになってしまってから、商標を譲渡してもらおうとすると法外な費用を要求されてしまうというトラブルも起こっておりますので注意が必要です。

 

< 前へ  |  一覧へ戻る  |  次へ >

すべてのカテゴリ一覧

中国での商標権を調査する

TOPに戻る