徹底した先願主義制度である中国商標/日本一わかりやすい中国商標

HOME > 日本一わかりやすい中国商標 > 中国商標とは > 徹底した先願主義制度である中国商標

徹底した先願主義制度である中国商標

中国の商標権というのは、日本と同じように先願主義となっております。この先願主義は日本よりもとにかく徹底しており、早い者勝ちで次々と日本の企業やブランド名など、未だ中国の商標を取得していないものであれば第三者が出願をしてしまっているということもあり、トラブルになっているケースもあるのです。

 

たとえば日本で名前が知られている歴史ある有名なブランドであっても、中国で展開をする際には中国商標をとる必要があります。歴史が100年あっても200年あったとしても、中国で先に商標の申請をした人が圧倒的に有利になるのです。

中国へ進出する前に展示会などで新しい商品について発表するというとき、何処まで情報を出すのかということはきちんと考えなくてはなりません。

その情報で勝手に商標の抜け駆け申請をされてしまうということも多々あります。

 

中国でのビジネス展開を考えているのであれば、まず最初に商標登録について考えていかなくてはなりません。

もしすでに第三者に商標権を取られてしまっているというのであれば、その登録を無効化する手続きをするということはとても難しいですので、その商標を買い取ったり、もしくはまた全く違うブランドでのビジネス展開を考えていかなくてはなりません。

 

< 前へ  |  一覧へ戻る  |  次へ >

すべてのカテゴリ一覧

中国での商標権を調査する

TOPに戻る