中国進出で失敗しないポイント/日本一わかりやすい中国商標

HOME > 日本一わかりやすい中国商標 > よくあるトラブル > 中国進出で失敗しないポイント

中国進出で失敗しないポイント

日本の企業が中国に進出する際には、中国の法律や様々な制度に関すること、文化、人、などを理解する必要があります。日本ではこうしていたから同じやり方でも大丈夫だろう、ということは中国では通用しないことも多いので、相手の国に則したやり方で進めていけるかどうかということが重要になります。

 

中国に進出して間もないときには、輸出入業務や法人設立業務で知的財産対策は後回しになってしまいがちです。しかし、実はこの知的財産対策である商標申請についてが、中国進出をする上で失敗しないためにはとても重要なポイントなのです。

他の業務をしているうちに、第三者がブランド名などを勝手に商標出願してしまっているという可能性もあります。そういったことになってしまったら、ビジネスを進めていくことが出来なくなってしまいますし、さらに時間や労力、費用もかかることになるでしょう。予め先に商標出願をしておけばリスクは回避されます。

 

中小企業などで人手も足りずになかなか効率よく進まないという場合には、全てを自社でおこなおうとするのではなく、法務、財務会計、貿易実務などの専門的な事は時には専門家にアウトソーシングするということも必要でしょう。無理に全てやろうとせずに任せられるところは任せてしまった方が失敗せずに済みます。

 

< 前へ  |  一覧へ戻る  |  次へ >

すべてのカテゴリ一覧

中国での商標権を調査する

TOPに戻る