中国商標出願に必要な書類について/日本一わかりやすい中国商標

HOME > 日本一わかりやすい中国商標 > 出願について > 中国商標出願に必要な書類について

中国商標出願に必要な書類について

■申請者が法人と個人によって違う

中国商標を出願する際に必要な書類についてですが、申請者が法人か個人かによって用意するものが異なっております。

まず、申請者が法人の場合には、登記簿のコピー、委託書、商標のロゴデータが必要になります。

次に、申請者が個人の場合には、パスポートのコピー、委託書、商標のロゴデータが必要になります。

 

意外にも用意する書類は少なくて済むのですが、実際の申請は中国語のものを使用することになりますので個人でおこなったり、言葉が分からないという場合には専門家に依頼するという方が確実にスムーズに申請がおこなえるでしょう。

 

用意した書類をまとめて提出して出願費用を納付しますと、中国商標の審査が始まります。まずいちばん最初には出願書類に不備が無いかどうかをチェックする受理審査というものがおこなわれます。もしこの時点で書類に大きな不備があるという場合には不受理処分になってしまいますので、書類の数は少ないとはいっても間違いがないように準備しておかなくてはなりません。

この受理審査に通過して書類が受理されますと、その後の審査に進んでいくことになります。この次の方式審査でも書類がチェックされて、もしここで補正命令がくだされると補正書を提出する必要があります。

< 前へ  |  一覧へ戻る  |  次へ >

すべてのカテゴリ一覧

中国での商標権を調査する

TOPに戻る