日本企業が中国商標出願をするためのルート/日本一わかりやすい中国商標

HOME > 日本一わかりやすい中国商標 > 出願の代行会社について > 日本企業が中国商標出願をするためのルート

日本企業が中国商標出願をするためのルート

■どの事務所に委託するのか?

中国商標の申請をおこないたいと思っても、誰でも自由に出願が出来るというわけではありません。中国への出願というのは、中国国内の出願資格をもった法人のみが可能になっております。

したがって、中国に事務所を持っていない企業が日本から申請するという場合には、現地の資格事務所と提携している会社に委託する形になります。

また、中国に事務所を持っている日本企業の場合には、直接出願を禁止されているわけではありませんが、やはり言葉の問題などがありますので、代理出願をした方がスムーズですし間違いがありません。実際、中国に事務所があったとしても自分たちで手続きをおこなわずに委託するというケースがほとんどです。

 

現地の資格事務所には商標に関する資格を持っている代理人がおり、中国ではこの代理人制度のレベル向上にとても力を入れており、その実力は専門知識や語学力に関しては国際レベルでも上位に達していると言えるでしょう。

 

中国商標の出願を委託する場合には、出願前の事前の調査や書類の翻訳、ネーミングなどといったようなサポートが出来ますし、トラブルの回避にもつながります。

 

ただし、ここで気をつけなければいけないのが、見ず知らずの現地の事務所に委託し、その事務所のスタッフが委託された商標を先に申請してしまう、いわゆる抜け駆け出願のトラブルがあるのも事実です。従って、安いからといって安易に直接委託するのも注意が必要です。 そのトラブルを回避するためにも、日本にあるしっかりとした申請代理会社に頼むのが賢明と言えます。

< 前へ  |  一覧へ戻る  |  次へ >

「出願の代行会社について」に関するその他の記事
  1. 日本企業が中国商標出願をするためのルート

すべてのカテゴリ一覧

中国での商標権を調査する

TOPに戻る