中国で無断で商標登録されている日本の商標/日本一わかりやすい中国商標

HOME > 日本一わかりやすい中国商標 > よくあるトラブル > 中国で無断で商標登録されている日本の商標

中国で無断で商標登録されている日本の商標

■様々な日本の商標が中国で登録されてしまっている

中国では日本の地方の地名や、有名人の名前、大手企業に留まらず中小企業名前やブランド名など、実に様々な名称が中国において無断で商標登録されているという現状があります。

日本と中国は同じ漢字文化圏の為、一概にすべてが冒認とは言えないのですが、昨今、日本の中小企業が本格的に中国でビジネス展開をしようとしたところ、既に商標が無断で取られているケースが頻発しており、トラブルになっているのです。

もしすでに中国商標が第三者によって登録されてしまっているという場合、その商標がたとえ日本のブランド名などであったとしても先に登録されてしまっていては、そのブランド名でビジネス展開をしていくことが出来ずに、やむなく名前を変更する必要があったりします。

 

■中国で冒認出願が相次ぐ理由

ではどうして中国人は様々な商標を勝手に出願するのか…それは、中国では商標権の売買が一大マーケットとなっているからなのです。

商標を売買するためのウェブサイトも多数存在しており、こうしたところで日本の商標が売買の対象となっていることも考えられます。

中国商標というのは先に出願したものに権利が御座いますので、出来るだけ早めに商標出願をした方が良いに越したことはありません。

 

< 前へ  |  一覧へ戻る  |  次へ >

すべてのカテゴリ一覧

中国での商標権を調査する

TOPに戻る