中国商標で登録出来るもの・出来ないもの/日本一わかりやすい中国商標

HOME > 日本一わかりやすい中国商標 > 出願について > 中国商標で登録出来るもの・出来ないもの

中国商標で登録出来るもの・出来ないもの

■中国で登録可能な商標の種類

中国において登録できる商標には、文字(漢字・アルファベット・数字)、図形、立体標識、色彩の組み合わせ、またこれらを組み合わせたものや団体商標が御座います。

もし中国商標に日本語のひらがなやカタカナを使用したいという場合には、中国では文字商標としてではなく図形(ロゴ)商標として扱われることになります。日本語だけではなく、その他の特殊な外国の文字に関しては同様に扱われます。

中国では、視覚的商標が登録の対象となっておりますので、たとえばにおいや音響などの視覚的に識別できないものに関しましては、商標登録は出来ません。

 

■同一、類似の商標に注意

第三者が先に登録を済ませている商標だったり、それに類似している商標につきましては登録をすることは出来ません。

ですので、中国にて新たに登録したい商標があるという場合には、出願する前にしっかりと事前調査をすることが大切です。中国は人口も多いですし、会社の数も多いので実に様々な商標が登録されております。また、現在では申請数が世界一になっており、中国だけではなく世界各国から申請されておりますので、事前調査をしないとせっかく申請をしても通らないというケースも多々あるのです。

 

< 前へ  |  一覧へ戻る  |  次へ >

すべてのカテゴリ一覧

中国での商標権を調査する

TOPに戻る