中国商標の国際分類表/日本一わかりやすい中国商標

HOME > 日本一わかりやすい中国商標 > 出願について > 中国商標の国際分類表

中国商標の国際分類表

■中国商標で採用されている国際分類表

中国商標で使用されている商標分類というのは、日本の商標と同様に世界知的所有権機関(WIPO)が定めた国際分類表にもとづいて作成されたものを採用しております。

しかし、日本と同じ国際分類表を採用しているからといって、全ての点において同じというわけでは御座いませんので注意が必要です。

どうしてかと言いますと、日本語の国際分類表と中国語の国際分類表では、言葉の意味合いによって概念が同じではないものがあるからなのです。

 

■日本とは異なっている点もある中国商標の分類表

中国商標では、国際商標分類のほかにも、中国でのオリジナルの類似群コードというのも採用しておりますので、商品を指定する際には、そういったコードのことも考えていかなくてはならないのです。

ですので、日本語版の国際分類表をそのまま中国語版のものに当てはめて考えていけば良いというものでもないのです。

中国商標を出願する際には、国際分類表も中国語ですので、きちんと高いレベルの翻訳が出来る代理人に依頼していかないと間違った分類での出願になってしまったり、さらにそれに加えて中国商標のことをきちんと理解しているかどうかということも求められるのです。

また、中国独自の品目に関しての分類もあり、通常 頭にCから始まる区分番号がそれに該当します。

 

< 前へ  |  一覧へ戻る  |  次へ >

すべてのカテゴリ一覧

中国での商標権を調査する

TOPに戻る