どうして中国商標登録をした方が良いのでしょう?/日本一わかりやすい中国商標

HOME > 日本一わかりやすい中国商標 > 日本と中国の商標に関する違い > どうして中国商標登録をした方が良いのでしょう?

どうして中国商標登録をした方が良いのでしょう?

■中国ではまず先に商標出願をすることが一般常識

中国でビジネス展開をしていく上で、マーケティングや営業活動の前にまず真っ先に商標登録をする必要があります。では、どうして中国商標登録をしなくてはならないのでしょうか。

それは、もし商標登録をせずに商品の販売などをおこなってしまいますと、第三者に訴えられたりするリスクが高くなってしまうからなのです。

中国国内にてビジネスをしている中国人にとっても先に商標申請をするということは、ごく当たり前の一般常識として考えられておりますし、海外からの申請もかなりの勢いで増えてきていることから分かるように世界での常識ともなっているのです。

 

■商標登録をしなかったために負ってしまうリスク

中国商標というのは先に出願をしたものに権利が与えられる先願主義制度ですので、第三者が勝手に商標出願をしてしまうというケースがとても多いのです。iPad事件を筆頭に、日本の企業名やブランド名、地名、有名人の名前など色々なものが第三者によって勝手に商標出願されてしまっていますし、たとえば中国での展示会で新商品を発表した際や、売り出し始めた際、まだ商標登録が済んでいないと分かると、すぐに取られてしまうという可能性もあるのです。

そうしますと、商品は本物であるにも関わらず、商標を持っていないので偽物だとして訴えられてしまうというリスクもあります。そればかりか、高額で商標権の買取りを要求されるケースもあります。

 

< 前へ  |  一覧へ戻る  |  次へ >

「日本と中国の商標に関する違い」に関するその他の記事
  1. 日本と中国の商標の分類の違いについて
  2. どうして中国商標登録をした方が良いのでしょう?

すべてのカテゴリ一覧

中国での商標権を調査する

TOPに戻る