中国において登録できない商標の主な例/日本一わかりやすい中国商標

HOME > 日本一わかりやすい中国商標 > 中国商標とは > 中国において登録できない商標の主な例

中国において登録できない商標の主な例

■中国商標登録できないもの

中国で商標登録をすることは何よりも大切なことになりますが、どんなものであっても商標登録出来るというわけではありません。中国において登録できない商標というのは決まっております。

中国において登録できない商標というのは、例外はありますが、ある一定の一般単語の商標、ある一定以上の規模または周知な地名の商標、同様もしくは類似となる商標などが挙げられます。

 

■事前調査が大切

類似となる商標を新たに出願してしまうことを避けるために、出願をする前にはしっかりとした事前調査をしておく必要が御座います。

この事前調査というのは必須ではありませんが、せっかく出願したのにも関わらず登録不可にされてしまったら時間も費用ももったいないだけですので、予め同一の商標や類似している商標が無いかどうかというのを確認しておくことによって成功率を高めることが出来るのです。

 

■日本の地名が登録されているニュースを見かけますが…?

地名の商標というのは、中国商標法第10条で公衆に知られた外国地名は登録不可だということが規定されているのですが、日本の様々な地名が登録されてしまっているという現状にあります。

これは、公衆に知られた地名であるということがポイントになっており、日本の地方の小さい町の名前などは中国の一般的な人たちには知られていないために登録可能となってしまっており、後になってからトラブルになってしまうというケースも御座います。

 

< 前へ  |  一覧へ戻る  |  次へ >

すべてのカテゴリ一覧

中国での商標権を調査する

TOPに戻る