中国商標の類似を決める判断基準/日本一わかりやすい中国商標

HOME > 日本一わかりやすい中国商標 > 出願について > 中国商標の類似を決める判断基準

中国商標の類似を決める判断基準

■中国商標の類似の判断基準とは

中国商標は、同一のものはもちろんのことですが、類似していると判断されたものに関しては登録することが出来ません。

類似しているかどうかを判断する方法はとても難しく、商標の文字やデザイン、さらには分類によっても判断方法が異なっております。

基本的には、同じ分類の中において、同じ漢字を使ってる割合が高ければ、商標は類似しているものと判断されることになります。

また、中国語(漢字)での商標というのは、同じ呼び方なのですが文字列や文字列からくる意味合いが違っていると、類似していないという判断がされたりもします。こういった判断基準は、漢字文化である中国独特の審査基準があると言えるでしょう。

 

■ひらがなやカタカナの商標の類似判断基準

また、日本語のひらがなやカタカナについても中国商標登録は可能ですが、文字商標ではなく図形商標としてみなされることになります。

類似しているかどうかの判断基準は、外観のデザインもそうですが、ひらがなの読み(発音)や意味合いに関しても考慮されます。

 

< 前へ  |  一覧へ戻る  |  次へ >

すべてのカテゴリ一覧

中国での商標権を調査する

TOPに戻る