中国商標登録後に変更点がある場合/日本一わかりやすい中国商標

HOME > 日本一わかりやすい中国商標 > 出願について > 中国商標登録後に変更点がある場合

中国商標登録後に変更点がある場合

■変更点がある場合には

商標登録以後、変更したい点があるという場合には、概ね半年から1年間程度の時間がかかってしまいます。公告期間には変更することは出来ません。

商標の名義変更や住所変更などをしたいという場合には、商標局に変更の登録をしなくてはなりません。その場合注意しなくてはならないのが関連している登録商標に関しましては、一括で変更登録をしないといけないということです。一部だけを変更したいというのは認められず、変更の申請が通らなくなってしまいます。

 

■勝手に改変して使用してはいけない

中国で商標が登録された際には、その登録した通りの商標を使用していきませんと認められない場合が御座います。

たとえば、多少書体を変えて使用するくらいでしたら問題は無いのですが、漢字とアルファベットの組み合わせで登録されている商標を、漢字だけで使用したり、アルファベットだけで使用したりといったときには商標の使用と認められませんので注意が必要です。

このように正しく使用していない場合には、取り消し対象となってしまうことがあるのです。

登録商標マークなどの登録標示をつけることは問題ありませんが、右上か右下に標示する必要が御座います。

 

 

< 前へ  |  一覧へ戻る  |  次へ >

すべてのカテゴリ一覧

中国での商標権を調査する

TOPに戻る