日本の商標があっても中国では通用しない/日本一わかりやすい中国商標

HOME > 日本一わかりやすい中国商標 > よくあるトラブル > 日本の商標があっても中国では通用しない

日本の商標があっても中国では通用しない

■日本の商標権は中国では通用せず

日本で既に商標を登録しても、中国では必ず登録できるとは言えません。日本の商標権を英語や中国語に訳したものが中国で通用するということではありませんし、それが証明になってすぐに登録出来るということでも無いのです。

日本の商標は日本だけで通用するものであり、中国でビジネスを展開していくという場合には中国での商標登録が必要になってきます。出来るだけ早めに出願することをおすすめいたします。

 

■中国にて先に出願したものに権利がある

日本において有名なブランド名、企業名などが中国で商標登録をしていかなったために、第三者が無断で中国商標出願をしてしまうというトラブルがとても多くなっておりますが、中国商標の制度というのは先願主義制度が徹底しておりますので、先に登録されてしまっているものに関しましては後から取り戻すというのはとても難しいことだったりもするのです。

 

■中国国内では中国商標だけが保護される

中国には中国独自の商標データベースが御座います。ですので、日本を含めて海外で登録されても、中国の中では保護出来ないのです。香港やマカオも中国商標とは別の管轄になっておりますので、中国本土だけで通用するものなのです。

< 前へ  |  一覧へ戻る  |  次へ >

すべてのカテゴリ一覧

中国での商標権を調査する

TOPに戻る