中国の商標出願の現状/日本一わかりやすい中国商標

中国の商標出願の現状

■中国商標は出願数世界一

中国への商標出願数というのは、世界一位であり、ここ最近では毎年増加傾向にあります。

一年でおよそ160万件もの申請数がありますので、この数は日本と比べても13倍程度になります。

その中でも特に外国からの申請数の伸びというのが顕著です。日本からの申請数というのもiPad事件以降からかなり増えてきています。

この申請数の多さに商標の審査が追いつかずに、登録までにかかる時間はかなりかかっておりますので、出来るだけ早めの申請をおこなうことをオススメいたします。

 

■商標冒認出願のトラブルも増加している

こうした申請数の多さというのは、純粋に中国にてブランド展開をおこなっていくために必要な商標登録ということだけではなく、商標冒認出願もかなり増加してきております。

中国商標というのは、先願主義を採用しておりますので、第三者が出願をして登録されてしまいますと、そのブランド名や企業名を実際に使用している人であってもその後同じ商標を登録することが出来なくなってしまいます。日本企業もこういったトラブルに巻き込まれているケースも多々御座います。このようなトラブルがとても増えてきているのも中国商標の現状です。

< 前へ  |  一覧へ戻る  |  次へ >

すべてのカテゴリ一覧

中国での商標権を調査する

TOPに戻る