中国の商標冒認問題/日本一わかりやすい中国商標

中国の商標冒認問題

■中国で蔓延する冒認問題

中国での商標申請・登録件数が年々伸びているのに伴って、冒認問題や商標に関する裁判も増加してきております。

ブランド名や企業名、地方の名前、有名人の名前などといったようにありとあらゆる海外の商標が中国で第三者により勝手に商標出願されてしまっているのです。

中国にてまだ商標登録されていないブランドなどをチェックし、勝手に登録してその商標権を売買するといったビジネスは中国では一大マーケットとして蔓延ってしまっております。

実際にそのブランドが中国進出するというときには、すでに商標権が別のところにあるために、ブランド名を使用して展開できなくなってしまっていたり、その商標権を法外な値段で売りつけてくるといったこともあるのです。

 

■トラブルに巻き込まれないために…

こうしたトラブルに巻き込まれないためには、正しく中国商標の制度を理解し的確に権利化することが重要なのです。

中国商標は、先願主義制度をとっており、この制度は日本と同じではありますが、さらに徹底した早いもの勝ち主義となっております。

ですので、先に登録されてしまっている商標に関しましては、後から取り戻すというのはとても難しいのです。

日本の企業や地方の名前なども、中国の商標冒認問題に巻き込まれてしまっているというケースがたくさんあります。

 

< 前へ  |  一覧へ戻る  |  次へ >

すべてのカテゴリ一覧

中国での商標権を調査する

TOPに戻る