中国商標に使用できる言語/日本一わかりやすい中国商標

HOME > 日本一わかりやすい中国商標 > 中国商標とは > 中国商標に使用できる言語

中国商標に使用できる言語

■日本語は図形として認識される

中国国内では中国語(簡体字)が使用されておりますので、中国商標として登録されているものの多くが漢字になります。

漢字以外に登録可能な言語というのは、英語のアルファベット、画像(ロゴ)となっております。

 

日本からも多数の出願がありますが、日本語の漢字やひらがな、カタカナさらには世界で使用されている欧文字というのも登録可能です。この場合には、原則として中国商標では文字の登録ということではなく、図形として認識されます。

ですので、ひらがなやカタカナ、その他の言語にて商標を登録したいという場合であっても、ブランド名を中国語(簡体字)にした商標も併せて出願しておくということも大切です。

 

■漢字名を登録しておいた方が安全

中国人に馴染みが深いのもやはり漢字ですし、世界各国の色々な企業やブランドも中国に進出する際には中国語(簡体字)表記の名前を使用しているというところがほとんどです。

英語のアルファベットや日本語での表記だけ商標を出願してあるという場合でも、第三者がそのブランド名を漢字に直して出願してしまうという可能性も考えられますので、漢字名も登録しておいた方が安全でもあるのです。

当センターでは、上智大学 中国留学生と連携し、現地の中国人に受け入れられる中国語表記をご提案いたします。

 

< 前へ  |  一覧へ戻る  |  次へ >

すべてのカテゴリ一覧

中国での商標権を調査する

TOPに戻る