中国商標法改正の動きについて/日本一わかりやすい中国商標

HOME > 日本一わかりやすい中国商標 > 法律について > 中国商標法改正の動きについて

中国商標法改正の動きについて

■中国商標法の歴史

中国の商標法は1983年から施行されている法律であり、現在では中国商標は経済発展の促進にとても重要な役割を果たしてきております。

改正の動きについてですが、普通5年から7年に1回ぐらいのペースで改正されてきております。

 

■中国商標法の問題点

現在ある問題点を改正するための動きというのもあり、短期間で急速に伸びている中国商標の出願数というのは、世界一の数に到達しており、審査をする側が追いつかずに商標登録までにはかなりの時間がかかるようになってしまっておりますし、さらに悪意のある出願というのも多く、異議申立に関してだったり、商標権侵害に関する処罰についてなども改正が議論されております。

現行の商標法が現在の中国やさらに外国の経済・環境変化によって問題に直面していると言えるでしょう。海外の企業とのトラブルも後を絶ちませんので、こういったトラブルを防げるようなものになるように注目されております。

 

■事情に詳しい専門家が必要

中国商標の出願を代行会社に依頼するという場合には、その会社に中国の商標法の動きに関して現地の詳しい状況を熟知している専門家がいるかどうかということもポイントになるでしょう。法改正がされたときに、すぐに新しい対応が出来るというのであれば安心です。

 

< 前へ  |  一覧へ戻る  |  次へ >

すべてのカテゴリ一覧

中国での商標権を調査する

TOPに戻る