中国の商標冒認問題を回避するには/日本一わかりやすい中国商標

HOME > 日本一わかりやすい中国商標 > よくあるトラブル > 中国の商標冒認問題を回避するには

中国の商標冒認問題を回避するには

■日本を含む海外の商標が冒認出願されている

中国では商標冒認問題が後を絶ちません。特に世界中で大きなニュースとなったiPad問題などを始めとして、企業名やブランド名、さらには地方の地名や有名人の名前など実にさまざまな海外の商標が冒認出願されているという現状にあります。

その中には日本の商標も多数含まれており、調査によると日本の地名も多数、中国にて商標登録されてしまっているということも分かっております。

 

■冒認問題回避の最善策

こうした中国の商標冒認問題を回避するためには、自社の商標は自分でしっかりと守っていかなくてはなりません。

とにかく第三者に冒認出願されてしまう前に先に出願申請、登録するということが最良の方法であると言えます。

中国商標というのは徹底した先願主義制度を採っておりますので、いわば早いもの勝ちなのです。

中国においてビジネスを展開していくという場合には、たとえ中小企業であっても安心は全く出来ません。少しでも名前が知られてしまうようなキッカケ(展示会などでも)があると第三者に冒認出願されてしまう可能性があるのです。

ですので、中国でのビジネスを考えるときには何よりも先に商標出願が必要であると言えるのです。

 

< 前へ  |  一覧へ戻る  |  次へ >

すべてのカテゴリ一覧

中国での商標権を調査する

TOPに戻る