会社名をスムーズに中国商標登録する際に満たす必要のある条件/日本一わかりやすい中国商標

HOME > 日本一わかりやすい中国商標 > 出願について > 会社名をスムーズに中国商標登録する際に満たす必要のある条件

会社名をスムーズに中国商標登録する際に満たす必要のある条件

■中国商標登録されやすい会社名

中国においてビジネスを展開していくという場合には、会社名も中国商標登録しておいた方が良いのですが、会社名と100パーセント同じ商標で申請するという場合には、会社名が一般単語のみの場合を除いて一般商標よりは登録される可能性は高くなります。

その条件とは、会社名に「株式会社」や「有限会社」などの単語も全部入れて申請して、さらに、商標申請者はこの会社の名義にするということです。

 

■中国語名で商標登録すると保護の範囲が広がる

中国商標において会社名が日本名であるという場合、どの範囲まで商標保護をしていきたいかによって、中国語名での登録を検討していくということになるかと思います。

中国の商標では、ひらがなやカタカナは図形商標となっているために、第三者に文字商標である中国語(漢字)に勝手に企業名を変換されて出願されてしまうという可能性も考えられます。

第三者に権利を取られてしまって、後になってから取り戻そうとしても費用や時間、労力などの色々なコストがかかってしまいますので、前もって中国語での会社名というのも出願しておき、類似している範囲も保護しておくということも頭に入れておいた方が良いでしょう。

< 前へ  |  一覧へ戻る  |  次へ >

すべてのカテゴリ一覧

中国での商標権を調査する

TOPに戻る