中国進出でよくあるトラブルについて/日本一わかりやすい中国商標

HOME > 日本一わかりやすい中国商標 > よくあるトラブル > 中国進出でよくあるトラブルについて

中国進出でよくあるトラブルについて

■最近多い中国進出時のトラブルの例

中国でビジネスを始めるという際には、中国語が分からないという方も多いと思いますので、日本語の出来る中国人や中国在住の日本人を頼ってビジネスを進めていくという方も多いかと思います。

しかし、最近はこういった場合に相手を信用し過ぎてしまってトラブルに遭ってしまうというケースがとても増えているのです。

全てを任せっきりにしてしまって重要な自社の知的財産の名義を相手側に取られてしまっていたと言う事例が非常に増えております。中方のビジネスパートナーと関係が良好な時は良いのですが新しいビジネスパートナーを探したり代理店契約の更新の際に問題になることが多いです。自社の知的財産は自社名義で取得し管理していくことが非常に大切です。

 

■利害関係の無い所へアウトソーシングをする

中国商標を出願するという際にも、ただ単純に日本語・中国語が出来るというだけではなく、現地の商標に関することに詳しい専門家に任せていくのが何よりも間違いありません。

せっかく商標出願をしたのに、書類に不備があったり不足していたり、また商標登録されても分類が間違っていたために結局使用することが出来なかったり、などといったように様々なケースが考えられます。

また、日本企業、日本人というだけで通常よりも高い費用を請求されてしまったりといったように、お金のトラブルというのもとても多いので気をつけなくてはいけません。

確実なビジネスを進めていくのであれば、利害関係のない第三者にアウトソーシングすることも必要であるということを頭に入れておきましょう。

< 前へ  |  一覧へ戻る  |  次へ >

すべてのカテゴリ一覧

中国での商標権を調査する

TOPに戻る