中国商標の異議申し立て制度/日本一わかりやすい中国商標

HOME > 日本一わかりやすい中国商標 > 法律について > 中国商標の異議申し立て制度

中国商標の異議申し立て制度

■異議申し立てが出来る期間

中国商標の公告期間というのは、公告日から三ヶ月間です。この期間というのは、第三者にとってはとても大切な期間であり、異議申し立てをするための期間とも言われているのです。

この公告期間中に、適当な理由があれば、どなたでも商標に対しての異議申し立てすることが可能です。

日本のブランド名なども第三者が勝手に商標出願をしてしまうというトラブルがとても多く、日本の企業が異議申し立てを提出しているのです。

こうしたトラブルを未然に防ぐためにも出来るだけ早めに商標出願をしていくことが大切です。

 

■日本・中国の異議申し立て制度の違い

日本と中国の異議申し立ての違いというのは、日本では商標登録がされた後に異議申し立てが出来るのに対して、中国では商標登録がされる前に異議申し立てが出来るということです。

この二つの制度の違いというのは大きく、中国ではまだ登録されていないものに異議申し立てをするわけですので、もしその申し立てが通りますと商標登録の審査にも大きな影響があり、その結果商標が登録されないということにつながってくるのです。

ただし、結局その商標登録がされるか、却下されるか、それは商標局の判断となります。

 

< 前へ  |  一覧へ戻る  |  次へ >

すべてのカテゴリ一覧

中国での商標権を調査する

TOPに戻る