中国進出時には先手で模造品対策を/日本一わかりやすい中国商標

HOME > 日本一わかりやすい中国商標 > よくあるトラブル > 中国進出時には先手で模造品対策を

中国進出時には先手で模造品対策を

■中国での模造品トラブル

中国で販売する自社商品の外観や表示などを真似して安価にて販売されてしまっていたり、証明書自体を捏造しているというケースも数多く方向されています。

模造品というのは本物よりもかなり安価で販売されるために、市場での売り上げが模造品に奪われてしまったり、本物だと思い込んで買ってしまった消費者から苦情が来たりするトラブルも御座います。

 

■先に対策をして模造品を排除する

中国市場では沢山の模倣品が出ておりますが、きちんと中国の制度に則って最初から対策をしておけば殆どの模倣品を排除することが出来ます

ポイントになるのが早めに対策をするということです。中国に進出してその商品が売れ出してからや、ブランドの知名度が上がってから知的財産を抑えるのでは遅いのです。

商標権にしても、中国で名前が知られてから出願しようと思っても、すでに第三者に出願されてしまっているというケースもとても多く、そうなってからでは本物であるにも関わらず偽物を販売しているとして逆に訴えられてしまうというトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあるのです。

 

< 前へ  |  一覧へ戻る  |  次へ >

すべてのカテゴリ一覧

中国での商標権を調査する

TOPに戻る