国際出願と中国に直接出願、どちらが良い?/日本一わかりやすい中国商標

HOME > 日本一わかりやすい中国商標 > 中国商標とは > 国際出願と中国に直接出願、どちらが良い?

国際出願と中国に直接出願、どちらが良い?

■中国商標の二種類の出願方法

中国商標を出願する際には、二種類の方法があり、一つが国際出願(マドプロ申請)、もう一つが中国へ直接出願するという方法です。

現在中国商標の出願数というのは膨大な数にのぼっておりますので、審査が追いついていないという状況であり、商標登録されるまでにはかなりの時間がかかってしまっております。

こうした状況を考えると、国際出願をしますと審査を担当する場所が審査部ではなく国際部となるために、早く審査をしてもらえて登録までの時間が短縮できるとも考えられておりますが、若干早いこともあるかも知れませんが、そんなに差はないようです。

 

■中国ビジネスなら中国での出願が間違いない

国際出願をするという場合には、中国だけではなく複数の海外の国へ同時申請するケースではそれなりにメリットもあるのですが、そうでなかれば、直接中国に申請したほうがコスト的にもメリットが高いと言えるでしょう。

中国でビジネスを展開するために商標登録をするというのであれば、今後の法改正などがあった場合の手続きなどを考えますと、中国国内の情報に詳しい専門家に依頼をしてしっかりと中国での商標登録をおこなった方が間違いないでしょう。

< 前へ  |  一覧へ戻る  |  次へ >

すべてのカテゴリ一覧

中国での商標権を調査する

TOPに戻る