台湾商標の取得までの流れ/日本一わかりやすい台湾商標

HOME > 日本一わかりやすい台湾商標 > アーカイブ > 台湾商標の取得までの流れ

台湾商標の取得までの流れ

台湾商標出願に関する二つの審査方法

■方式審査について

台湾商標で出願した後は、まずは方式審査を受けることになります。

方式審査というのは、出願の手続き内容や出願書類の書式などが条件を満たしているかどうかの審査であり、不備が無くOKが出ますと出願が受理されて「受理通知書」が発行されます。

もし何か不備があった場合には、補正をおこなうようにという通知がされ、足りない書類などを提出する必要が御座います。この補正は通知を受け取ってからすみやかにおこなう必要があります。

 

■実体審査について

上記の方式審査をクリアしますと実体審査に移ります。この実体審査は出願した商標に類似しているものがないかどうかや、不正な出願ではないかどうかなどの実際の登録に向けた実質的な審査となっております。

この実体審査の基準やマニュアルにつきましては、一般には公開されておりません。

この実体審査には結構な時間がかかりますので(約8か月から1年程度)、早期に登録したいという場合には早めの出願が大切です。

 

台湾商標出願から登録されるまでの流れ

■台湾商標出願~登録までの流れ

台湾商標の出願申請をする前には、まずしっかりとした事前調査をおこなう必要があります。これは商標登録の成功率を上げることにもつながります。

そして出願申請をしてから約1~2か月で、受理票(形式審査)がおり、その後本審査に入ることになります。もし、出願する際に提出した書類に不備があった場合には、審査に入る前に商標局から補正通知が発行されますので、必要な書類をさらに提出して説明していく必要があります。

本審査は、商標や分類にもよりますが、概ね、約8か月から1年程度かかります

本審査が終了し、登録可能とみなされば、そこから3か月間の公告期間にか入ります。その間、第三者からの意義申立がなければ、晴れて登録となります。

 

■もし審査に通過しなかったら

本審査に通過せずに拒絶査定があった場合は、台湾商標では拒絶査定不服審判を行うことも可能です。

台湾の場合は、拒絶通知を受け取ってからすみやかに(30日以内)必要とする必要があり、とても短い期間ですので注意が必要です。

 

 

台湾商標を出願してから登録されるまでの期間

台湾へのビジネス進出をしたいと思ったときには、まず最初に台湾商標を出願するということが大切です。これは、台湾で自社のブランド名の商標を早めに抑えておくということがビジネス展開をする上でとても大切なことでリスクを回避することにつながります。

現在台湾商標の出願数というのは増加傾向にあり出願数も実際増えております。申請をしてから登録されるまでの期間ですが通常は、約8か月から1年ほどの時間がかかります。

台湾商標登録までの流れ

台湾での商標登録までの期間は、概ね日本と同じ約8か月程度の時間がかかります。

台湾商標登録の流れというのは、まず登録したいと考えている、商標についてどの分類になるのかを選定し、その中から既に同様のものや類似の高いのが無いかどうかということを調査して確認します。この調査には約1週間程度がかかります。

そして同様なものや類似しているものが無いということが確認できましたら台湾の特許庁 中国語「智慧財産局」へ出願をします。この出願にも大体1週間程度の時間を要します。申請が済みましたら受理通知が発行され、審査に入ります。

 

審査にかかる期間というのは、ケースバイケースではありますが、だいたい半年から8か月程度で長くても約1年ほどですので台湾本土に比べると短いと言えます。 この審査に通りますと、正式に商標登録が完了ということになります。

日本から台湾への出願数はここ数年増加傾向にあり、2012年は約4270件と外国からの出願数ではトップにあります。

« よくあるトラブル | メインページ | アーカイブ | 台湾商標とは »

中国での商標権を調査する

TOPに戻る