出願の代行会社について/日本一わかりやすい台湾商標

HOME > 日本一わかりやすい台湾商標 > アーカイブ > 出願の代行会社について

出願の代行会社について

中国語が出来なくても台湾商標をとれる?

■どこの代理事務所に依頼をするかによって違いがある

台湾ビジネス進出のために台湾商標の出願申請をおこなう場合、必要な書類を中国語に翻訳したりする必要が御座いますし、台湾のローカルの現地会社に出願代行を委託するという場合には通常は中国語でのやり取りになります。

したがって、こうしたケースは中国語が出来ないと正直、厳しいのですが、日本国内の代行会社に出願代行を頼めば、日本語のみのやり取りで間に合います。日本の代行会社が台湾とのやり取りを代行してくれるからです。

 

■代行会社を選ぶ際のポイント

台湾商標の出願をする際には、少しでも書類に間違いがあったり、意思疎通が上手にいかないと、商標登録がされなかったり間違いに気付かないケースもでてきます。

日本語に精通している台湾人の専門スタッフがいるかどうかということも委託代行会社を選ぶ際に、必要かと思いますが、ただ単に日本語が話せるというだけでは、心配です。語学レベルがあることはもちろん、商標登録あるいは事前の調査に精通した専門知識を兼ね備えていることが大切なのです。

 

中国語が全く分からないけれども台湾でのビジネス進出を考えているという場合には、無難なのが台湾の弁理士事務所と提携している日本国内にある代行事務所に委託をするのが一番安心して任せられる方法かと言えるでしょう。

 

 

« 世界から見た台湾商標の傾向 | メインページ | アーカイブ | 商標をとったら気をつけること »

中国での商標権を調査する

TOPに戻る