世界から見た台湾商標の傾向/日本一わかりやすい台湾商標

HOME > 日本一わかりやすい台湾商標 > アーカイブ > 世界から見た台湾商標の傾向

世界から見た台湾商標の傾向

台湾の商標出願の現状

■台湾商標の出願数は伸びています。

台湾の商標出願申請数は、2012年は75,000件と対前年比10%の伸びです。

アジア圏内で好調な台湾経済を象徴して、特に海外からの申請も増えています。その中で、日本が一番多く昨年は約4,200件の出願申請が台湾であがっており、最多です。次の米国で、その次は中国本土です。

近年目を見張るのが、中国からの出願数の激増です。中国はそもそも、世界一の商標大国(出願数の意味で)、商標に関するトラブルも非常に多い国というお国柄を反映しているのか、商標に対しての意識も高いと言えます。

こうした背景を踏まえ、台湾においては、早めに商標登録を申請出願し抑えておくことが何よりも大切と言えます。

 

■商標冒認出願のトラブルも増加している

こうした申請数の多さというのは、純粋に台湾にてブランド展開をおこなっていくために必要な商標登録ということだけではなく、商標に関する冒認出願(いわゆる抜け駆け申請)もかなり増加してきております。

台湾商標というのは、先願主義を採用しておりますので、第三者が出願をして登録されてしまいますと、そのブランド名や企業名を実際に使用している人であってもその後同じ商標を登録することが難しくなります。日本企業もこういったトラブルに巻き込まれているケースも多々あります。このようなトラブルが増えてきているのも台湾商標の現状です。

 

台湾国外からの商標申請件数

■急増している海外(アジア)からの申請

台湾の商標申請件数に占める外国からの割合は他の国より、比較的多くやはり台湾マーケットへの期待と、背後に控える中国市場への足掛かりとして、台湾を位置づけている期待感がうかがえます。

その中でも、目につくのが近隣諸国からの商標の出願申請です。欧米や、米国などはどちらかというと、横ばいかもしくは少し現象警告にあるなかで、数を延ばしているノバ、日本、中国、韓国です。 申請数で言うと、2012年 4,200件と一番多いのが日本で、次に急激に増えているのが隣国の中国、そして韓国も順調に伸ばしています。

したがって、伸びている要因としては、日本と中国、韓国からの激増が背景にあると言えます

 

■日本からの申請も増加している

台湾ビジネス進出を考えている日本の企業も多いために、日本から台湾商標の申請も増えてきております。

特に、大きなニュースになったiPad事件以降急増しております。

このiPad事件というのは、アップルの製品であるiPadという商標を、先に台湾企業が登録していたために、アップル社がiPadを台湾国内で販売できなくなってしまったというトラブルです。このトラブル解決は裁判でおこなわれ、結局アップルが台湾企業に対して莫大なお金を払うことになってしまったという事件なのです。

もし台湾商標を申請せずにビジネスを進めようと思っても、トラブルになってしまうことが予想されますので、中小企業であっても商標を申請しておく必要が御座います。出来るだけ早めに申請をしておいた方が安心です。

 

台湾商標局「智慧財産局」への出願件数の傾向

■外国からの申請が増加している

台湾における商標、特許、実用新案、意匠など知的財産権の出願件数というのは、どのジャンルにおきましても年々増加傾向にありますが、その中でも最も増加傾向にあるのが商標です。

例えば、昨年2012年で言えば、その前年比約10%の勢いで出願数が伸びており、近年の傾向としましては、台湾以外の外国からの出願が増えているという特徴が御座います。その中でも外国からの申請で一番多いのが、日本です。昨年でいれば、約4,270件と前年比で、約20%の伸びを示しています。次いで多いのが、米国、その次に多く第3位が中国です。近年の傾向として、中国からの台湾商標の出願が増えているのが目につきます。

 

■早めの商標出願を心がけましょう

世界各国から、台湾商標の出願があり、2012年度にはおよそ7万5000件とその数も、日本の12万件比べ、非常に

多いと言えます。

特に、アパレル、雑貨、食品などは人気も高く、台湾ビジネスを始めるという際には早めに商標の出願をしておくということをおすすめいたします。

 

■出願件数の増加=トラブルの増加

また、出願件数が増えるにともなって、日本企業も様々なトラブルの被害にあっており、きちんと専門知識を持った代行会社などを利用することが失敗しないためも大切なことです。

 

« 台湾進出について | メインページ | アーカイブ | 出願の代行会社について »

中国での商標権を調査する

TOPに戻る