台湾で、価値ある商標とは/日本一わかりやすい台湾商標

HOME > 日本一わかりやすい台湾商標 > アーカイブ > 台湾で、価値ある商標とは

台湾で、価値ある商標とは

台湾商標には繁体字・簡体字、どちらを使えば良い?

■台湾国内では繁体字の漢字が使用されている

台湾での台湾商標を出願するという場合には、中国語(漢字)での商標出願も考えていくことになりますが、その際には台湾一般的に使用されている繁体字漢字での出願がおすすめです。ちなみに、中国本土は簡体字での登録が一般的です。 外国のブランドなどが台湾商標出願をするという際には、繁体字を使用した商標が多いです。 

 

■台湾人に浸透させるためには

漢字には繁体字と簡体字の二種類が存在するのですが、主に台湾や香港などでは繁体漢字が使用されており、日本語で使用されているのも繁体漢字です。

一般的な台湾人が簡体字を見かけたときには、中国本土のものかと錯覚を覚える人もいるかもしれません。

ですので、台湾でビジネスを展開していくためには一般的な台湾人の消費者のことを考えていかなくてはなりませんので、早く認識してもらって知名度を高めていくというためには簡体字での商標の方が浸透しやすいと言えるのです。

 

■勝手に改変してはいけない

もし繁体字で商標登録されてしまっているという場合に、簡体字に変更して使用するということは出来ませんので注意しましょう。登録商標というのは、基本的には改変して使用することは認められません。

 

縁起をかついだ良いイメージの漢字を台湾商標にする

■台湾商標には中国語(漢字)名も考える必要がある

自社ブランド名を台湾商標出願するという際には、元々のブランド名がひらがなやカタカナ、英語のアルファベット名であるという場合にも、中国語(繁体字 漢字)での商標も考えていった方が良い場合もあります。 もし中国語で商標出願をされていないという場合には、そのブランド名を第三者に勝手に台湾語にされて商標出願されてしまうというトラブルも想定されます。

 

■台湾人にとって良いイメージの漢字をつける

ブランド名を中国語に変えるという際には、ただ単純に日本語で使用されている漢字に当てはめれば良いかというと実はそうではありません。

台湾人にとって、縁起がいい、読みやすい、覚えやすい漢字がお勧めです。

台湾人というのは特に縁起をかつぐ傾向があるため、その商標に使用される漢字が与える意味だったり、発音の響きなどに配慮するということが大切です。

中国語で使用されている漢字にも一つ一つ意味合いがありますが、一つ一つが良くても複数を組み合わせた場合にイメージが悪くなってしまうということもありますし、発音の響きが良くないということも気にします。

日本人にとって良い意味の漢字を組み合わせたとしても、台湾人が受ける印象というのは全く違った意味合いを持ってしまうということもございます。漢字の選択を間違ってしまったために、台湾国内ではかえってブランドが浸透しなかったりするケースもあるのです。

ブランドは、やはり長い年月をかけて育てていくものなので、最初が肝心です。 リリースする前にしっかりとした検討が考察が必要と言えます。

 

台湾での商標登録にはどの言語がいいのでしょうか?

台湾では商標登録をする際に、漢字と並んで、日本語の「ひらがな」や「カタカナ」、「英語」の表記も効果的です。昔、日本の統治下であったということもあり、今なお日本に対して親日的で、かつ日本語をしゃべる人も多く、台湾とは違い、日本語での商標出願も場合によっては重要です。

現地では、日本の商標は高品質のイメージがあり、日本語で表記された商品が多いのも実情です。

 

また、漢字での商標出願を検討している場合で気をつけないといけないのは、台湾人というのはその国民性から縁起を大切に考えている方がとても多いので、漢字を当てはめたときにその漢字の意味や発音の響きなどを考えて良いイメージの名前をつける必要があります。

漢字が持っている意味も日本と台湾では異なっていることもありますので、漢字であればどれでも良いということではなく、台湾での販売を考えた際にはいいネーミングになるように考えていく必要があります。

台湾では、漢字、英語、日本語は比較的浸透していますので、販売商品によって、戦略的に使い分けるのが重要と言えます。

 

« 商標登録のメリット | メインページ | アーカイブ | 日本ブランドの活かし方 »

中国での商標権を調査する

TOPに戻る