商標登録のメリット/日本一わかりやすい台湾商標

商標登録のメリット

台湾進出時には先手で模造品対策を

■台湾での模造品トラブル

台湾で販売する自社商品の外観や表示などを真似して安価にて販売されてしまっているケースがあります。

模造品というのは本物よりもかなり安価で販売されるために、市場での売り上げが模造品に奪われてしまったり、本物だと思い込んで買ってしまった消費者から苦情が来たりするトラブルもございます。

 

■先に対策をして模造品を排除する

台湾市場では沢山の模倣品が出ておりますが、きちんと台湾の制度に則って最初から対策をしておけば打つ手もあると言えるでしょう。 

ポイントになるのが早めに対策をするということです。台湾に進出してその商品が売れ出してからや、ブランドの知名度が上がってから知的財産を抑えるのでは遅いのです。

商標権にしても、台湾で名前が知られてから出願しようと思っても、すでに第三者に出願されてしまっているというケースもとても多く、そうなってからでは本物であるにも関わらず偽物を販売しているとして逆に訴えられてしまうというトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあるのです。

もちろん、商標権を取ったからと言って、完全に模倣品を排除できるということではありません。模倣品対策は、いたちごっとの側面もあり、なかなか手が付けられないからです。ですが、商標権など必要な権利をおさえておけば、模倣品に対し、商標権侵害として差止め請求をおこなったりすることは可能です。

何もなければ何も手が打てないのと同じく、権利をしっかりもっていれば、それなりに手の施しようもあると言えます。

中小企業でも台湾商標をとった方が良い?

■中小企業こそ台湾商標をおさえる

台湾で何らかの商売をされるのであれば、大企業であっても中小企業であっても区別なく商標はおさえてから進出するべきです。

中小企業だからといって、台湾商標の冒認出願される心配は無いだろうと考えるのはとても危いですし、仮に第三者に抜け駆け出願されてしまった後でしたらそのブランド名を使用して台湾国内での販売が出来なくなってしまいますし、商標を取り戻そうと思っても、法外な費用を持ち掛けられたり、時間や労力などのコストを考えるととても大変です。しかも、それらを費やしたとしても台湾商標を取り戻すことが出来るとは限りません。

ですので大企業に比べ、ブランド力で劣る中小企業こそ、むしろ取得するべきなのです。

大切なのは、台湾でおさえると同時に中国本土でも商標出願して権利を確保しておくことです。でなければ、台湾では取ったけど、中国は先に取られてしまったということにもなりかねません。

■展示会や商談会でも注意が必要

台湾での商品の展示会や、または商談会などでも注意が必要です。報告されているケースとして、台湾での商談会で、名刺交換をし、むやみやたらに台湾での今後の事業展開の話をあるバイヤーにしたところ、そのバイヤーが先を越して台湾で商標登録いてしまい、いざ輸出の段階で買取り要求をされて事例があります。

ここでもう一点、強調したいのが、台湾だけではく、そのバイヤーは中国本土でも出願しており、更にやっかいなことになりました。こうした事例は、中小企業零細にも実際に起こっておりますので、展示会や商談会だからといって過度に安心せず、繊細な注意が必要です。出願の費用対効果もありなかなか申請といっても難しい側面もありますが、、最低限、展示会であっても自身の商標がどういった状態なのかぐらいは、事前調査することをお勧めします。

できれば、展示会であっても出願しておくことが最善の策と言えます。

 

台湾における商標出願登録の重要性

■あらゆるリスク回避のための台湾商標登録

台湾ではビジネスを展開していくにあたって商標登録は欠かせません。もし商標登録をせずにビジネスをしていると訴訟されるリスクもあるのです。

自社ブランドの商品であるにも関わらず商標権を持っているのが第三者である場合には、台湾国内においてその商標をしようしてビジネス展開をしていくことは出来なくなってしまいますし、偽物として判断されてしまうのです。

商標登録をしなかったために、他人が勝手に商標を出願していたという問題は、台湾商標においてはとても多く、日本企業でもこうしたトラブルの被害に遭っているというケースも多々ある話なのです。

 

■OEM生産でも台湾商標を登録しておいた方が安全

今やOEM生産で台湾で製造だけをして台湾国内では販売をしないということであっても、台湾商標を取得しておく方が望ましいとも言えるでしょう。

台湾で販売を一切しないとはいっても、台湾国内で製造しているわけですので一旦は流通する段階を経ていることになります。ですので、リスクを回避するためにも台湾商標を登録しておいた方が安全なのです。

また、台湾だけではなく中国でも商標登録をおさえといたほうが賢明です。なぜなら、関係する台湾人が今度は、中国本土でその権利を先に抑える可能性があるからです。中国で先に抑えられてしまうと、台湾以上に先願主義が徹底している国なのでかなりやっかいなことになります。

 

台湾でのブランド戦略の大事な一歩

台湾において、ブランドの展開を考える際、どのようにして広告を出したら良いかなど、色々と戦略を練る必要がありますが、何よりもまず第一に考えることは台湾にてそのブランドの商標をおさえることが肝要です。

台湾で、その企業のブランドや、屋号などが有名になってから商標の申請をしようという場合には、すでに他人に商標が取られてしまっているということもあるのです。

実際、まだブランド展開をしていないにも関わらず展示会で発表しただけで商標が抑えられてしまっているというケースもありますので、情報を出すよりも先に商標のことを考えておく必要があります。日本から飛び出して、海外でビジネスをするにあたっては、商標権のことはくれぐれも注意したいところです。

 

仮に、第三者に商標を取られてしまっているという場合には、せっかく自社のブランドがこの先台湾で出せなくなってしまいますので広告戦略どころではなくなってしまいます。先に取得している方から商標を譲渡してもらうにも高額な費用が取られるというケースもありますし、他のブランドでの展開を余儀なくされたり、台湾進出が失敗に終わってしまうということも考えられます。

こういったリスクをおかさないためにも、台湾商標を一刻も早く申請するということがブランド戦略の第一歩だと言えるでしょう。

 

 

台湾で商売をする上で大切な鍵を握る商標登録

台湾でビジネスをする上で、自社のブランド名・商品名、いわゆる商標をいかに台湾国内で有名にして台湾人に浸透させるかということがとても大切です。もちろん商品についても良いものを提供することは大切ではありますが、台湾でのビジネスというのは商標がとても重要な要素です。

 

台湾でのビジネスを成功させる一つのキーは、ターゲットである台湾人について把握する必要があります。台湾人というのは、本土の中国人と同様に、面子をとても大切に思っていますので、特に人にギフトなど贈答品を送る時には、有名ブランドであることや、さらには食品などの場合には産地などにもこだわる人が多いのも特徴的です。

ですので、台湾人というのはブランドにこだわる傾向にあるということが言えるでしょう。

 

有名なブランド商品を好むということは、とにかく自社のブランド名を台湾人に知ってもらわないとなりません。そのためには、まずそのブランド名を正式に使用するために台湾商標を登録しておく必要があります。もし商標登録が無い場合には、気づいたときには他の人に登録されてしまっているということもあるのです。ある程度知名度が出てきてビジネスが軌道に乗りそうだというときにこういったことが発生すれば、せっかく育ててきたブランドが台無しになりかねません。

 

手遅れになる前に台湾で商標登録をしましょう

台湾では、年間約75,000件もの商標申請があり、増加率も10%(2012年)と非常に高い伸びを示しています。

これは日本が約12万件ですので、日本と比較してもわかるとおり、世界的にみても多い地域と言えるでしょう。

毎日たくさんの商標が登録されておりますので、台湾でビジネスを始めるのでしたら、まずは台湾商標の申請をおこなうということを考えなくてはなりません。

商標の分類の中でも、特にアパレルや雑貨、食品などの区分エリアは非常に人気があり、早期に出願をすることが肝心です。

 

商標権を保持せずにビジネスを進めていると、第三者が知らない間に勝手に商標を申請してしまうという問題も台湾では非常に多く、頻繁におこっていますので注意が必要です。

先に出願をした個人や企業に商標の権利が与えられますので、そうなってしまったら手遅れです。今後台湾でビジネスを進めていきたいと思っても、商標を使用できなくなってしまいますのでサービスの提供が出来なくなったり、あるいはその商標を譲渡してもらおうと思っても法外な費用を求められるというトラブルも実際に起こっております。台湾では登録された商標を売買するということ自体も一つのマーケットになっています。

したがって、手遅れになってしまう前に台湾商標登録をするための手続きをおこなっていきましょう。

 

台湾で商標登録をするメリット

台湾でビジネスを始めていくにあたって、ブランド名の商標を登録する際には出願数の増加傾向から審査にも今までより多少の時間がかかり、正式に登録されるまでには8か月から長くて1年ほどかかってしまうこともありますので、それが面倒だと思って商標が無いままビジネスをしてしまいますとデメリットが大きくなってしまいます。

気づいたときには自社の社名やブランド名などが勝手に商標登録されてしまっていて、今後台湾でビジネスを進めていくことが出来なくなってしまうというリスクも考えられるのです。台湾の商標というのは日本と同様に先に出願した方に権利が付与されますので、仮に第三者が知らない間に、勝手に商標出願をしても後になってからでは遅いという場合も数多くみられます。

 

台湾商標を登録すると、商標権の保護になり模倣品などの商品に対して差止め請求ができたり、または第三者が勝手に商品名の商標登録を取得してしまうなどの抜駆け出願の防止、さらにはライセンスを貸与してビジネス収入を得るなど知財を活かした事業ができようになるなど、様々なメリットがございます。

万が一、商標登録をしていなければ同一、類似している商標がすでに存在している場合には訴えられてしまうというリスクもありますので、台湾でビジネスを始める場合にはまず最初に商標登録をすることが重要です。

以前、香川県の人が台湾でさぬきうどんを看板にかかげ商売を始めようとした際に、現地の冷凍食品会社が「さぬき」の商標登録をしていたため、訴えられる事件が起こっています。

こうしたリスクやデメリットを避けるためにも、商標登録のメリットは非常に重要と言えます。

« 商標をとったら気をつけること | メインページ | アーカイブ | 台湾で、価値ある商標とは »

中国での商標権を調査する

TOPに戻る