よくあるトラブル/日本一わかりやすい中国商標

よくあるトラブル

中国進出時には先手で模造品対策を

■中国での模造品トラブル

中国で販売する自社商品の外観や表示などを真似して安価にて販売されてしまっていたり、証明書自体を捏造しているというケースも数多く方向されています。

模造品というのは本物よりもかなり安価で販売されるために、市場での売り上げが模造品に奪われてしまったり、本物だと思い込んで買ってしまった消費者から苦情が来たりするトラブルも御座います。

 

■先に対策をして模造品を排除する

中国市場では沢山の模倣品が出ておりますが、きちんと中国の制度に則って最初から対策をしておけば殆どの模倣品を排除することが出来ます

ポイントになるのが早めに対策をするということです。中国に進出してその商品が売れ出してからや、ブランドの知名度が上がってから知的財産を抑えるのでは遅いのです。

商標権にしても、中国で名前が知られてから出願しようと思っても、すでに第三者に出願されてしまっているというケースもとても多く、そうなってからでは本物であるにも関わらず偽物を販売しているとして逆に訴えられてしまうというトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあるのです。

 

中国進出でよくあるトラブルについて

■最近多い中国進出時のトラブルの例

中国でビジネスを始めるという際には、中国語が分からないという方も多いと思いますので、日本語の出来る中国人や中国在住の日本人を頼ってビジネスを進めていくという方も多いかと思います。

しかし、最近はこういった場合に相手を信用し過ぎてしまってトラブルに遭ってしまうというケースがとても増えているのです。

全てを任せっきりにしてしまって重要な自社の知的財産の名義を相手側に取られてしまっていたと言う事例が非常に増えております。中方のビジネスパートナーと関係が良好な時は良いのですが新しいビジネスパートナーを探したり代理店契約の更新の際に問題になることが多いです。自社の知的財産は自社名義で取得し管理していくことが非常に大切です。

 

■利害関係の無い所へアウトソーシングをする

中国商標を出願するという際にも、ただ単純に日本語・中国語が出来るというだけではなく、現地の商標に関することに詳しい専門家に任せていくのが何よりも間違いありません。

せっかく商標出願をしたのに、書類に不備があったり不足していたり、また商標登録されても分類が間違っていたために結局使用することが出来なかったり、などといったように様々なケースが考えられます。

また、日本企業、日本人というだけで通常よりも高い費用を請求されてしまったりといったように、お金のトラブルというのもとても多いので気をつけなくてはいけません。

確実なビジネスを進めていくのであれば、利害関係のない第三者にアウトソーシングすることも必要であるということを頭に入れておきましょう。

中国の冒認出願が商標登録されてしまってから対処できる?

■中国の冒認出願の現状

中国において、自社のブランド名などが第三者により勝手に商標登録されてしまっていた、という冒認出願はとても多く、大企業だけではなく中小企業であっても全く油断は出来ません。

地方都市の地名なども日本の全国各地の地名が中国で商標登録されてしまっているという現状もあります。

 

■商標権が無いと中国ビジネスは難しい

中国でビジネスを展開していく際に、第三者がすでに商標権を持っているとしたらそれと同じ商標で中国国内で商品の販売をしていくことが出来なくなってしまいます。そのまま販売してしまいますと、実際には本物であるにも関わらず、偽物扱いされて商標の権利者から訴えられてしまうということも考えられます。また、消費者も商標が無いということで不安に思いビジネスがうまくいかないことが予想されるのです。

 

■冒認出願される前に先手での対策を

もし中国にて冒認出願されてしまっており、それが商標登録されてしまっているという状態でしたら、対策方法としましては商標の買取や、裁判による解決、また別の商標に変更するということが挙げられるかと思います。

しかし、実際には商標の買取をしてしまいますとさらに冒認を助長することになってしまいますし、裁判も時間や費用がかかるため中国のビジネススピードを考えると難しいと言えるでしょう。

中国で冒認商標登録されてしまう前に先に商標登録をしておくということが本当に大切なのです。

 

中国の商標冒認問題を回避するには

■日本を含む海外の商標が冒認出願されている

中国では商標冒認問題が後を絶ちません。特に世界中で大きなニュースとなったiPad問題などを始めとして、企業名やブランド名、さらには地方の地名や有名人の名前など実にさまざまな海外の商標が冒認出願されているという現状にあります。

その中には日本の商標も多数含まれており、調査によると日本の地名も多数、中国にて商標登録されてしまっているということも分かっております。

 

■冒認問題回避の最善策

こうした中国の商標冒認問題を回避するためには、自社の商標は自分でしっかりと守っていかなくてはなりません。

とにかく第三者に冒認出願されてしまう前に先に出願申請、登録するということが最良の方法であると言えます。

中国商標というのは徹底した先願主義制度を採っておりますので、いわば早いもの勝ちなのです。

中国においてビジネスを展開していくという場合には、たとえ中小企業であっても安心は全く出来ません。少しでも名前が知られてしまうようなキッカケ(展示会などでも)があると第三者に冒認出願されてしまう可能性があるのです。

ですので、中国でのビジネスを考えるときには何よりも先に商標出願が必要であると言えるのです。

 

ビジネスを円滑に進めるための中国商標登録

■現地で受け入れられるためには中国語の商標を

中国において自社のブランド名などを中国人に浸透させていきたいと考えているならば、中国語(漢字)による商標表記にするということが重要です。

日本語のひらがなやカタカナなどは、馴染みが無いために現地の人には分かりにくいためになかなか覚えてもらえなかったりします。

海外の有名な企業なども、中国では英語ではなく中国語の商標を使用しているところがほとんどなのです。

 

■商標の有無はとても重要

中国でビジネスを展開していくにあたって欠かせない商標登録ですが、自社のブランドや商品を販売していると中国人からは頻繁に「これはどこのブランドですか?本物ですか?」と聞かれます。

中国国内にはコピー品や偽物などが横行しておりますので、消費者心理としては確認したくなるのでしょう。

そんな時にしっかりと中国国内で商標登録していると説明が出来ればお客様も安心して商品を手に取ることが出来ますし、商品やサービス自体の付加価値も向上するのです。

ですので、中国にて商品やサービスを提供していくという際にはまず商標登録をして間違いなく本物であるということを証明するということが大切になってきます。

 

中小企業でも中国商標をとった方が良い?

■中小企業こそ中国商標をおさえる

中国で何らかの商売をされるのであれば、大企業であっても中小企業であっても区別なく商標はおさえてから進出するべきです。

中小企業だからといって、中国商標の冒認出願される心配は無いだろうと考えるのはとても危険ですし、もし冒認出願されてしまった後でしたらそのブランド名を使用して中国国内での販売が出来なくなってしまいますし、商標を取り戻そうと思っても、法外な費用を持ち掛けられたり、時間や労力などのコストを考えるととても大変です。しかも、それらを費やしたとしても中国商標を取り戻すことが出来るとは限りません。

ですので大企業に比べ、ブランド力で劣る中小企業こそ、むしろ取得するべきなのです。

 

■中国でのビジネスは中国商標が必要

たとえ日本で商標を取得しているといっても、中国ビジネスではそれは意味がありません。日本での商標というのは日本国内だけで通用するものであり、中国に展開するのであれば中国での商標出願をする必要が御座います。

知らないうちに気付いたら第三者に商標登録されてしまっているケースというのは中国では後を絶ちませんので、中国に進出することを考えたときにはまずは商標のことについて取り組むということをおすすめいたします。

 

中国の商標冒認問題

■中国で蔓延する冒認問題

中国での商標申請・登録件数が年々伸びているのに伴って、冒認問題や商標に関する裁判も増加してきております。

ブランド名や企業名、地方の名前、有名人の名前などといったようにありとあらゆる海外の商標が中国で第三者により勝手に商標出願されてしまっているのです。

中国にてまだ商標登録されていないブランドなどをチェックし、勝手に登録してその商標権を売買するといったビジネスは中国では一大マーケットとして蔓延ってしまっております。

実際にそのブランドが中国進出するというときには、すでに商標権が別のところにあるために、ブランド名を使用して展開できなくなってしまっていたり、その商標権を法外な値段で売りつけてくるといったこともあるのです。

 

■トラブルに巻き込まれないために…

こうしたトラブルに巻き込まれないためには、正しく中国商標の制度を理解し的確に権利化することが重要なのです。

中国商標は、先願主義制度をとっており、この制度は日本と同じではありますが、さらに徹底した早いもの勝ち主義となっております。

ですので、先に登録されてしまっている商標に関しましては、後から取り戻すというのはとても難しいのです。

日本の企業や地方の名前なども、中国の商標冒認問題に巻き込まれてしまっているというケースがたくさんあります。

 

日本の商標があっても中国では通用しない

■日本の商標権は中国では通用せず

日本で既に商標を登録しても、中国では必ず登録できるとは言えません。日本の商標権を英語や中国語に訳したものが中国で通用するということではありませんし、それが証明になってすぐに登録出来るということでも無いのです。

日本の商標は日本だけで通用するものであり、中国でビジネスを展開していくという場合には中国での商標登録が必要になってきます。出来るだけ早めに出願することをおすすめいたします。

 

■中国にて先に出願したものに権利がある

日本において有名なブランド名、企業名などが中国で商標登録をしていかなったために、第三者が無断で中国商標出願をしてしまうというトラブルがとても多くなっておりますが、中国商標の制度というのは先願主義制度が徹底しておりますので、先に登録されてしまっているものに関しましては後から取り戻すというのはとても難しいことだったりもするのです。

 

■中国国内では中国商標だけが保護される

中国には中国独自の商標データベースが御座います。ですので、日本を含めて海外で登録されても、中国の中では保護出来ないのです。香港やマカオも中国商標とは別の管轄になっておりますので、中国本土だけで通用するものなのです。

中国登録商標を他の人に真似されて出願されてしまったら…

■中国の商標トラブル

中国での登録商標というのはとても多く、世界各国から出願をされておりますので、その数は年間約160万件にものぼり、世界一の数となっているのです。

そのため、商標に関するトラブルというのもとても多くなってきております。iPad事件も世界中で大きなニュースとなりましたので、ご存知の方も多いかと思います。

 

■類似している商標に対する対処法

中国では第三者が勝手に商標出願をしてしまうというケースもとても多くなっており、日本を含めて海外の地名や有名人の名前、中小企業のブランド名などであってもどんどんと登録されてしまっているという問題が御座います。

もし自社ブランドの登録商標を第三者に真似をされて出願されてしまったという場合には、いくつかの対処法があり、その商標を買い取ったり、裁判をして法的措置をとったり、別に商標に変えて使用していくということが考えられます。

しかし、実際には、中国ビジネスのスピードを考えると裁判をして長い年月をかけるというのは非現実的ですし、その間その商標は使用できないわけです。まただからといって、商標の買取をするということも冒認出願を助長することになってしまい悩ましいところです。

 

日本企業も商標トラブルに遭っているケースが多く、商標権の売買が大きなマーケットになっている中国で、第三者から商標を取り戻すためにかなりの費用を支払っているというケースも多々あるのです。

 

中国で無断で商標登録されている日本の商標

■様々な日本の商標が中国で登録されてしまっている

中国では日本の地方の地名や、有名人の名前、大手企業に留まらず中小企業名前やブランド名など、実に様々な名称が中国において無断で商標登録されているという現状があります。

日本と中国は同じ漢字文化圏の為、一概にすべてが冒認とは言えないのですが、昨今、日本の中小企業が本格的に中国でビジネス展開をしようとしたところ、既に商標が無断で取られているケースが頻発しており、トラブルになっているのです。

もしすでに中国商標が第三者によって登録されてしまっているという場合、その商標がたとえ日本のブランド名などであったとしても先に登録されてしまっていては、そのブランド名でビジネス展開をしていくことが出来ずに、やむなく名前を変更する必要があったりします。

 

■中国で冒認出願が相次ぐ理由

ではどうして中国人は様々な商標を勝手に出願するのか…それは、中国では商標権の売買が一大マーケットとなっているからなのです。

商標を売買するためのウェブサイトも多数存在しており、こうしたところで日本の商標が売買の対象となっていることも考えられます。

中国商標というのは先に出願したものに権利が御座いますので、出来るだけ早めに商標出願をした方が良いに越したことはありません。

 

中国進出で失敗しないポイント

日本の企業が中国に進出する際には、中国の法律や様々な制度に関すること、文化、人、などを理解する必要があります。日本ではこうしていたから同じやり方でも大丈夫だろう、ということは中国では通用しないことも多いので、相手の国に則したやり方で進めていけるかどうかということが重要になります。

 

中国に進出して間もないときには、輸出入業務や法人設立業務で知的財産対策は後回しになってしまいがちです。しかし、実はこの知的財産対策である商標申請についてが、中国進出をする上で失敗しないためにはとても重要なポイントなのです。

他の業務をしているうちに、第三者がブランド名などを勝手に商標出願してしまっているという可能性もあります。そういったことになってしまったら、ビジネスを進めていくことが出来なくなってしまいますし、さらに時間や労力、費用もかかることになるでしょう。予め先に商標出願をしておけばリスクは回避されます。

 

中小企業などで人手も足りずになかなか効率よく進まないという場合には、全てを自社でおこなおうとするのではなく、法務、財務会計、貿易実務などの専門的な事は時には専門家にアウトソーシングするということも必要でしょう。無理に全てやろうとせずに任せられるところは任せてしまった方が失敗せずに済みます。

 

« 法律について | メインページ | アーカイブ | 中国商標の取得までの流れ »

中国での商標権を調査する

TOPに戻る