日本ブランドの活かし方/日本一わかりやすい中国商標

HOME > 日本一わかりやすい中国商標 > アーカイブ > 日本ブランドの活かし方

日本ブランドの活かし方

日本ブランドの中国進出成功のためのポイント

■知財戦略の切り替え

今や日本ブランドというのは世界各国で人気となっており、様々な場所にてビジネス展開をしている企業が増えてきておりますが、その中でも中国というのは大きなマーケットの一つになっております。

今後日本の中小企業がこの世界中の企業がひしめき合うマーケットの中で勝ち残るにはただ単に製品を販売するだけでは勝ち残れません。今こそ日本の技術やサービスなどを知的財産として適正に保護しライセンスビジネスとして活用していくことが重要です。

守りのための知財戦略から、攻めの知財戦略へと切り替えその権利を活用していくことが大切です。

TPP、FTA交渉など今後ますます人や金、物の流れが活発化すると想定できますが今こそしっかりと各国で知的財産を抑えておくことが望ましいと言えるでしょう。

 

■中国の知財の状況を知る

日本で知名度があったり、商標権を持っているから中国でも通用すると思っていては、あっという間に第三者に商標登録されてしまって、気付いたときには中国での商品販売が出来なくなってしまっているということも御座います。

商標権を取られてしまってからあれこれ対処法を考えているのでは、時間や労力、お金、様々なコストが余計にかかり無駄になってしまいます。ライセンス契約を結ぶ為にもしっかりと自社の知的財産は押さえておく必要が有るのです。

 

中国でのブランド戦略の大切な第一歩

■ブランド戦略は商標登録がなければ始まりません

中国でブランドの展開を考える際、どのようにして広告を出したら良いか色々と戦略を練る必要がありますが、何よりもまず一番最初におこなうことは中国にてそのブランドの商標を押えるということです。

中国において、その企業のブランドや、屋号などが有名になってから商標の申請をしようという場合には、すでに第三者にて商標が取られてしまっているということもあるのです。

実際、まだブランド展開をしていないにも関わらず展示会で発表しただけで商標が押さえられてしまっているというケースもありますので、情報を出すよりも先に商標のことを考えておく必要があるのです。

 

もし他で商標を取られてしまっているという場合には、せっかくの自社のブランドがこの先中国で出せなくなってしまいますので広告戦略どころではなくなってしまいます。先に取得している方から商標を譲渡してもらうにも高額な費用が取られるというケースもありますし、他のブランドでの展開を余儀なくされてしまったり、中国進出の足かせになる可能性もあります。

こういったリスクをおかさないためにも、中国商標を一刻も早く申請するということがブランド戦略の第一歩だと言えるでしょう。

 

 

« 中国で、価値ある商標とは | メインページ | アーカイブ | 日本と中国の商標に関する違い »

中国での商標権を調査する

TOPに戻る