商標登録のメリット/日本一わかりやすい中国商標

商標登録のメリット

中国商標登録の重要性

■あらゆるリスク回避のための中国商標登録

中国ではビジネスを展開していくにあたって商標登録は欠かせません。もし商標登録をせずにビジネスをしていると訴訟されるリスクもあるのです。

自社ブランドの商品であるにも関わらず商標権を持っているのが第三者である場合には、中国国内においてその商標をしようしてビジネス展開をしていくことは出来なくなってしまいますし、偽物として判断されてしまうのです。

商標登録をしなかったために、第三者が勝手に商標を出願していたというトラブルは、中国商標においてはとても多く、日本企業でもこうしたトラブルの被害に遭っているというケースも多々ある話なのです。

中国商標というのは先願主義制度が徹底しておりますので、日本やその他の国にて実績があるといった商標であっても、中国国内で商標を登録していないのであれば何の意味も無いのです。

 

■OEM生産でも中国商標を登録しておいた方が安全

今やOEM生産で中国で製造だけをして中国国内では販売をしないということであっても、中国商標を取得しておく方が望ましいとも言えるでしょう。

中国で販売を一切しないとはいっても、中国国内で製造しているわけですので一旦は流通する段階を経ていることになります。ですので、リスクを回避するためにも中国商標を登録しておいた方が安全なのです。

中国では商標の有無がとても大切なポイント

■偽物が蔓延っている中国だからこそ本物・偽物に敏感

中国では、有名ブランドの商品から電化製品、飲食品までありとあらゆるものの偽物が蔓延っております。作りも精巧なものもあったりして、パッと見た目だけでは判別出来ないものもあったりしますので、中国ではその商品が本物なのか、偽物なのかについては非常に敏感なのです。

市場などで売っているものだけではなくて、百貨店で販売していたとしても本物かどうか聞いてくることもあります。

ですので、中国で商品を販売してビジネス展開をしていく際には、中国商標をしっかりと抑えた上で活用していくということが重要なポイントとなっているのです。

中国商標登録された後に、®マークを付けるなど登録済であることを認知させることも大切です。

 

■中国ビジネス展開をしていくには早めの商標出願が大切

きちんと商標登録がされていれば、それは本物の証となりますので、中国ビジネスを進めていくためには欠かせません。出来るだけ早めに出願申請をしておくようにしましょう。

もしブランド名が中国で広まってきてしまってから慌てて出願しても、すでに第三者に先に出願されてしまっているというケースも多々あるので注意が必要なのです。

 

中国でビジネスをする上で重要な鍵を握る商標

■ビジネスで欠かせない商標登録

中国でビジネスをする上で、自社のブランド名・商品名、いわゆる商標をいかに中国国内で有名にして中国人に浸透させるかということがとても大切です。もちろん商品についても良いものを送り出すということは大切ではありますが、中国でのビジネスというのは商標がとても重要な鍵を握っているのです。

 

中国でのビジネスを成功させるためには、ターゲットである中国人について把握する必要があります。中国人というのは、面子をとても大事に考えていますので、特に人にギフトを送る際には、有名ブランドであること、さらに食品などの場合には産地などにこだわる人がとても多いのです。また品質面や食の安全面からも有名ブランドや海外ブランドにこだわる中国人も増えてます。

したがって、中国人というのは取り分けブランドに固執する傾向にあるということが分かります。

 

有名なブランド物を好むということは、とにかく自社のブランド名を中国人に知ってもらわないとなりません。そのためには、まずそのブランド名を正式に使用するために中国商標を登録しておく必要があります。もし商標が無い場合には、気づいたときには他の人に登録されてしまっているということもあるのです。ある程度知名度が出てきてビジネスが軌道に乗りそうだというときにこういったことが起こっては大変ですので、商標は欠かせません。

 

手遅れになる前に中国商標登録をしましょう

■中国の商標登録は徹底した早い者勝ち主義

中国では、年間150万件もの商標申請が御座います。これは日本に比べておよそ12倍の数であり、世界の中でもトップの件数です。

毎日たくさんの商標がどんどん登録されておりますので、中国でビジネスを始めるのでしたら、まずは中国商標の申請をおこなうということを考えなくてはなりません。

商標の中でも、特にアパレルや雑貨、食品などの分類はとても人気になっておりますので、早めに申請をすることが肝心です。

 

商標権を持たずにビジネスを進めていると、他人が勝手に商標を申請してしまうという問題も中国では頻繁に起こっております。

先に申請をした人や企業に商標の権利が与えられますので、そうなってしまったら取り返しがつきません。今後中国でビジネスを進めていきたいと思っても、商標を使用できなくなってしまいますのでサービスの提供が出来なくなってしまったり、その商標を譲渡してもらおうと思っても法外な費用を求められるというトラブルも実際に起こっております。中国では登録された商標を売買するということ自体が大きなマーケットの一つにもなっているのです。

ですので、手遅れになってしまう前に中国商標登録をするための手続きをおこなっていきましょう。

 

中国商標登録をするメリット

■商標登録がなぜ必要か

中国でビジネスを始めていくにあたって、ブランド名の商標を登録する際には出願数の多さから審査にも時間がかかり、正式に登録されるまでには数年かかってしまうこともありますので、それが面倒だと思って商標が無いままビジネスをしてしまいますとデメリットが大きくなってしまうばかりか、とても危険です。

気づいたときには自社の社名やブランド名などが勝手に商標登録されてしまっていて、今後中国でビジネスを進めていくことが出来なくなってしまうというリスクも考えられるのです。中国の商標というのは日本と同様に先に出願した方に権利が与えられますので、もし誰かが勝手に出願をしても後になってからでは手遅れというケースもたくさんあります。

 

中国商標を登録すると、商標保護になり模倣品などの商品を差し止め請求することが出来たり、第三者が勝手に商品名の商標登録を取得してしまうなどの抜駆け出願防止、さらにはライセンス提供してのビジネス収入を始めとした知財を活かしたビジネスができようになるなど、様々なメリットが御座います。

もし商標登録をしていなければ同一、類似している商標がすでに存在している場合には訴えられてしまうというリスクもありますので、中国でビジネスを始める場合にはまず最初に商標登録をすることが大切です。

 

 

新製品を中国商標出願するタイミング

■展示会で発表する前に商標申請を

中国にてビジネス展開を進めていこうという場合、自社ブランドの新製品を発売する前に展示会などで発表するという機会があるかと思います。自信のある新しい商品だからこそ、大々的に発表してアピールしたくなってしまうところですが、中国商標を申請する前の段階でしたら気をつけなくてはなりません。

中国商標を申請する前に展示会などにて新製品を発表してしまって、その製品の新しいロゴやブランド名などを第三者によって先に商標申請されてしまうというトラブルも考えられるのです。

また、中国での商談会で現地のバイヤーや代理商などと進出の話をし、名刺交換しただけでその名刺に記載されている商標が抜け駆け出願されてしまったという例も、報告されています。

 

■第三者に先に商標登録されてしまったら…

もし第三者が先に商標登録をしてしまっていたとしたら、自社ブランドの新製品は今後中国でそのまま販売したりすることが出来なくなってしまいますし、ニセモノとして捉えられてしまうのです。

さらに、商標を登録している中国企業などがブランド名を使用して商品展開を広げていくというケースもあります。

 

■申請の前には商標調査が大切

商標申請をする前には、きちんと商標調査をした上で登録をする必要があり、もし何処かで発表してしまっていたあとでしたらすでに登録されてしまっている可能性も考えられますので、中国でビジネスを展開していこうと考えている場合には、まずは商標申請についての取り組みを考えていくということをお勧めいたします。

 

 

« 商標をとったら気をつけること | メインページ | アーカイブ | 中国で、価値ある商標とは »

中国での商標権を調査する

TOPに戻る