業界団体の方へ/中国・台湾・香港への商標登録の出願新生なら費用料金格安の【(社)日中商標権情報センター】

HOME > 業界団体の方へ

業界団体の方へ

多くの地域の伝統工芸品、特産品ブランドが冒認されています!

多くの地域ブランドが中国で冒認されています!

多くの日本の伝統産業ブランドが、中華圏で冒認されています。
例えば、松坂牛、コシヒカリ(越光)などなど

コシヒカリ(越光)

※複数の中国企業による、「越光」商標の複数分類への申請一覧(申請したが却下されたものも含む)

越光に関しては、本物のコシヒカリの隣で、
偽物の「越光」が中国のスーパーなどで販売されているありさまです。
これらは、ほんの一例で、まだ表にでていない、冒認された伝統ブランドが数多くあります。
冒認されると、以下の影響がでます。

  • 中国で、その商標を使った商品の販売ができない
  • そのブランドを使った、中国での観光PRにリスクを伴う
  • 偽ブランドが中国で、はびこり、ブランドイメージに傷がつく

最近、国内でも町おこしの観点から、
「地域の団体商標」の商標権を取得することを、国としても推奨していますが、
偽物がはびこる中国では、「本物」「偽物」の区別は、商標権をもっているかいないかで決まります。
どんなに、日本で長年やっていても、商標権が中国で第三者にとられ似たような商品を販売されれば、
中国ではこちらが偽物で、相手が本物の扱いを受けます。
この感覚は、なかなか理解しがたいですが、日本のブランドを守るためにも、
ぜひまずは、調査し早期取得し、地域ブランドの保護をお勧めします。

対策

  • まずは、冒認されていないか調査
  • 団体商標として、申請可能かどうか確認→市町村とも連携
  • 申請者を組合として、申請可能かどうか確認し早期に保護

※地域ブランドは、中国では普通商標と異なり、団体商標もしくは証明商標での取得が望ましいです。
通常の手続きとは異なりますので、お気軽にお問い合わせください。

TOPに戻る